AI IOT.png
IoT/AI活用提案

AIとIoTの関係性、導入するメリット

業務の効率を上げるために、AIやIoTの導入を検討する企業が増えています。この2つの関係性はとても深いのですが、細かい違いは分かりにくくなっています。意味が混同してしまいがちなAIとIoTの定義や役割について詳しく解説します。

AIとIoTの違いは「モノ」の有無

1.AIとは

AIは、日本語で「人工知能」と呼ばれています。英語の「Artificial(人工的な) Intelligence(知能)」から頭文字を取って、この言葉が生まれました。人間の脳が行う作業をコンピューターが再現しますが現在のAIでは幅広い知能を持っているのではなく、ある作業に特化した「特化型」が主流となっています。具体的には、自動運転や音声・文字などの認識などがあげられます。

人間と同じように、あらゆる作業がこなせるものは「汎用型」と呼ばれますが、このタイプはまだ実用には至っていません。AIそのものの定義は研究者によって若干異なるのが現状ですが、これはAIの持つ可能性が完全に分かっていないためと言われており今後の開発によってさらなる発展が期待されています。

2.IoTとは

IoTは、日本語で「モノのインターネット」と呼ばれています。英語の「Internet of Things」の頭文字から、こう呼ばれるようになりました。モノのインターネットというと少し想像しづらいかもしれませんが、普段私たちが使っている製品を、インターネットに接続できるようになるのがIoTです。かつてインターネットはパソコンからしか接続できませんでしたが、現在は家電や住宅、車などもインターネットにつなげられるようになりました。さらに、スマートフォンと連動している製品もIoTと呼ばれるようになっています。製品がインターネットとつながることでネットワークを通じて情報交換ができるようになり、私たちに必要な情報や機能を提供してくれるようになっているのです。

3.AIとIoTの違い

AIとIoTは、同じような場面で使われるため、違いが分かりにくく感じます。AIは「データを分析して活用する知能」で、IoTは「データを集めるモノ」と表現できます。AIはプログラムのひとつであり、AIそのものは形がないので、活用するにはパソコンなどのコンピューターが必要です。これに対してIoTはモノが主体なので、作動には家電などのモノが必要不可欠となります。外出先で家電を遠隔操作できるのは、IoTの仕組みの大きな特徴です。

4.AIとIoTの関係性

AIとIoTの関係性は互いが助け合い、無くてはならない技術同士である点が特徴です。IoTが性能を上げるためには、センサーから膨大な量の情報「ビッグデータ」を読み取り高度に処理する能力が求められますが、このときAIの機能が処理作業に欠かせません。反対に、AIがデータを分析したうえで活用するには、IoTのひとつとなるスキャナやカメラなどが必要です。データの規則性や相関性が明らかになると、予測の精度が向上し更なる性能を搭載した製品の開発に繋がるなどのメリットが生まれます。AIとIoTは各々の役割を組み合わせ、活用の幅を広げていくことが可能です。

AIとIoT導入のメリット

AIとIoTを導入することで、次のようなメリットがあります。どれも企業様が抱える問題点を解決できる糸口となるものばかりです。

1.業務の自動化

業務の自動化は定型の仕事で導入すると、よりメリットを強く感じられるようになります。企業が行う業務はヒューマンエラーによるミスもありますが、人間が関わる以上それらを完全に防ぐことはできません。それがAIとIoTを導入することでミスを最小限に防げるうえ、自動化をはかれるようになります。例をあげると、資料フォーマットの統一、業務マニュアルの整備、自動応答、記事や議事録の自動作成、アンケートの自動振り分けなどがあります。

2.従業員の管理

AIやIoTを導入することで必要不可欠な業務に集中できるようになり、更に従業員の労働時間や労働環境の改善に繋がります。これにより従業員の満足度が上がるようになります。企業に対する従業員の満足度が上がると離職率が下がり、優秀な人材が企業を離れてしまう懸念も減らすことができます。

3.セキュリティの強化

経産省がDXの導入を強く推奨している理由のひとつが、「2025年の崖」と呼ばれる現象です。DXの推進が遅れてしまうと、従来のデジタルシステムを更新できなくなるため、多額の経済損失が生まれてしまいます。これを防ぐためにIoTセキュリティ対策の必要性が求められています。AIとIoTの導入によりセキュリティが守られ、従業員の間でもセキュリティに対する意識を高められるようになります。

AIとIoT導入により得られる効果

​外観検査

​不良品検出

設備の
故障予知

省エネ

​ロボットの
作業効率改善

建設物の
劣化判断

配管腐食確認

化学プラントの
品質管理

グローバルオンリーワンでは、企業様がAIやIoTを活用されるまでの提案をし、導入までのお手伝いさせていただきます。初回オンライン面談は無料となりますので、お気軽にお問い合わせください。